今日は何を、どうして摂る?

 1人物一生を通して任意が増えた。門限だって何をするかだって、おまけに家具のポジショニングまで任意です。殊にこちらが一番任意を謳歌しているのがミールです。自宅にいた間ファミリーを手伝っていたこちらは引き取り手の嫌いなものは気を使って作らないようにしていた。大好きなバジルもキムチも柚子胡椒も、そうしてシナモンも使わないようにしていた。ただし、1人物暮らしをしてミールに対して我慢する義務はなくなった!正誤はわずか。日ごろから野菜を意識して食べる慣例がついている。これで日常忙しくて奥様が家で作らなかった料理を作って1人物一生を楽しもうという。
 「1人物一生ってほんまじゃない?」という思い切りおっしゃるが大変ではない。自宅が好きではなかったからかえっていきいきやる。おかげでライフサイクルにあたって感じるスキルも身に付いた。一生しながら花嫁修業になっているぞ、なんてワクワクしちゃってる。近年付き合って要る人物ってこのまま続けば成長したあたいを見せられるからそれも歓びです。大変なことを挙げるとすると、1人物一生をしたいと駄々をこね続けた長女をもつ父兄の輩です。ダラダラ言いつつ、こうしたこちらをサポートをしてくれて本当にありがとう。
 目下大変なことは更にないが、辛いことは居残る。それは「家でランチタイムを一緒に召し上がる彼氏がいない」に関してです。いよいよ作れた産物、美味く作れた産物、自分の大好きなど美味しいものを食べて毎日のミールを豊富楽しんでいるのにどっか足りないものがあった。それがだいたいビビッ。彼女は長距離につき日毎一緒にランチタイムなんて出来ないから今日もこちらは1人物で食を楽しんでいる。
 翌日はサークル終わりに誰か誘って手料理も振る舞おうか、更に食の楽しみ方を広げたいな。どうぞご覧ください