ドラムって難しいよな!

諸君、ごきげんよう!
さっさとですが、わたし近頃ドラムをやり始めました!
昔から楽器をやりたいなと思ってはいたのですが、
自分の実力に自身がなくて、はじめることをためらっていました。
ただし、知人バンドのコンサートにお迎えされて行ってから、持ち味が変わりました。
とりわけカッコイイ!!断然ドラムが!って思っちゃったんですよね。
ドラムってケバイ直感がありますが、その実非常に元来機動が求められる。
そんな開きにやられてしまいました。
たとえばスネアドラムのロール・・・
とことんドラムロールなんて言葉づかいで聞いたことがあるかと思います。
現に聞いてみたら、音響の魅力に衝撃を受けました。
ドラムの良さといえば、ダイナミクスでしょうかね。
他の楽器でもありますが、少な目な音響で静かに熱演していたら、
サビになって、シンバルや風呂ドラムが鳴り響く酷い開設になったり。
ドラムってその落差が非常に大きい楽器です。
静かに叩けば、落ち着いた趣きがでますし、
たくましく叩けば、凄まじくカッコイイロックンロール個数に早変わり!
そんなすさまじさにやられてしまいました。
断然好きなドラマー君は yukihiro君(L’Arc-en-Ciel) という 真太郎君(UVERworld)だ!
少なくこういう両者のようにカッコイイドラムが叩けるように成長を頑張ります!!セックスしたいならコチラ